肥料の三要素

造園の豆知識というより園芸の常識だと思いますが。

肥料の三要素はチッソ(N)、リンサン(P)、カリ(K)と言われています。


チッソ(N)・・・葉を元気にするタンパク質や葉緑素をつくり光合成を盛んにする成分であります。不足すると生育が悪くなり、葉が黄色くなります。過剰になると花や実をつけにくくなり、軟弱で病害虫がつきやすくなります。


リンサン(P)・・・花や実をつけたい時、花つきや結実などに効果のある成分であります。不足すると古い葉の縁が黒味がかったり紫色になる。 根の伸長が悪くなります。


カリ(K)・・・根や茎などの生育を促進する成分であります。 不足すると果実の味や外見が悪くなります。葉の縁から変色したり、根の生育が悪くなり根腐れを起こしやすくなります。過剰に与えると、カルシウム、マグネシウムの吸収が悪くなります。


ただし、肥料の三要素を与えたからといって花や実が沢山になるわけではありません。健康な土とカルシウムやマグネシウム等その他の成分などバランスの良い土壌が不可欠です。

関西造園土木株式会社

〒652-0047

神戸市兵庫区下沢通2丁目2番21号

TEL:078-575-0451

FAX:078-575-0455

MAIL:office@kanzo.com

 

078-575-0451