バラ科の植物によるアレルギー

バラ科の植物は数々あります。
バラ、リンゴ、モモ、ウメ、ジューンベリー、ナシ、サクラ、シモツケ、シャリンバイなど。
多くのバラ科の植物は、実が食用になります。


しかし、バラ科は果実アレルギーを引き起こす場合があります。
主に口腔アレルギーで、喉が痒い、むかつきを覚えるなど、殆どが軽くすみますが、まれに重症化します。
バラ科の口腔アレルギーを発症する人ははシラカバ花粉症であることが多く、花粉症の季節に悪化することがあります。
同じくウリ科のスイカやメロン、バショウ科のバナナの口腔アレルギーの人はブタクサ花粉症、ミカン科のオレンジやレモンはカモガヤ花粉症であることが多いと言われています。

花粉症と口腔アレルギーは関連するため、上記の花粉症の方は関連する果実に注意が必要です。


果樹を植えて欲しいと言われて、バラ科の植物を推薦することがあります。また、その他の果樹をオススメすることがありますが、近年、果実でアレルギーを発症する例が良く報告されているため、よく確認をして植栽する必要がありますね。

関西造園土木株式会社

〒652-0047

神戸市兵庫区下沢通2丁目2番21号

TEL:078-575-0451

FAX:078-575-0455

MAIL:office@kanzo.com

 

078-575-0451