黄葉・紅葉について

秋~冬にかけて葉は黄・紅葉しますが、なぜ葉は黄色や赤色に変色するのでしょうか。

・黄葉について
葉の中には、光合成を行うための緑色の色素(クロロフィル)と黄色の色素(カロチノイド)が含まれています。

春~夏の日差しが強い時期は、光合成を行うため、緑色の色素が葉の表に出てきます。

秋~冬の日差しが弱い時期になると、光合成を行わなくなり、黄色の色素が葉の表に出てきます。そのため、葉は黄色に黄葉します。


・紅葉について

実は、葉が赤くなる理由はまだ科学的に証明されていません。

現在では2つの説が存在します。

1つ目は、光合成で作られた糖分が紫外線を浴びて、赤色の色素(アントシアニン)を作り出すという説で、2つ目は、天敵のアブラムシから身を守るため、という説です。2つ目の説ですが、アブラムシは鮮やかな黄色を好む傾向にあるため、黄葉した葉は絶好の標的となります。そこで、アブラムシの嫌う赤色に変色するようになったと言われています。

是非、紅葉の仕組みを考えながら紅葉を観察してみて下さい。

関西造園土木株式会社

〒652-0047

神戸市兵庫区下沢通2丁目2番21号

TEL:078-575-0451

FAX:078-575-0455

MAIL:office@kanzo.com

 

078-575-0451