銀杏について

イチョウの木は、9~11月にかけて銀杏(種子)を落とし始めます。今回はその銀杏についてです。

銀杏は雌のイチョウにでき、落ちた銀杏は独特な臭いを放ちます。銀杏の臭いは「酪酸」と「ペプタン酸」という2つの成分から構成されているのですが、その内の「ペプタン酸」は人間の足の臭いにも含まれていることが分かっています。

また、銀杏には殻が二面体のものと三面体のものが存在します。殻が二面体のものからは雄のイチョウが育ち、三面体のものからは雌のイチョウが育ちます。

 

関西造園土木株式会社

〒652-0047

神戸市兵庫区下沢通2丁目2番21号

TEL:078-575-0451

FAX:078-575-0455

MAIL:office@kanzo.com

 

078-575-0451