「デッソグラスマスター」

 海外のスタジアムでは既に導入されている「デッソグラスマスター」ですが、日本のスタジアムでは、Jリーグの規約でスタジアムの人工芝は認められていない為、まだ導入されていません。
そんな「デッソグラスマスター」が2019年ラグビーワールドカップに向けて、神戸のノエビアスタジアムに導入されるかもしれません!

そもそも「デッソグラスマスター」とは.....
オランダのデッソ社が開発した、天然芝を人工芝で補強するシステムのことです。このシステムを導入することで、芝の成長力・耐久力・復元力が向上し、長い期間コンディションの良い芝を保つことが出来ます。そのため、スタジアムの維持コスト削減にも繋がります。

もし、ノエビアスタジアムへ「デッソグラスマスター」の導入が認められれば、選手達は常に良いコンディションの芝でプレーすることができ、スタジアムの維持コスト削減等、運営上のメリットが上がるかもしれませんね!

そんなノエビアスタジアムに是非注目してみて下さい!