カンゾウ

カンゾウ(萱草)をご存知でしょうか?
雪が溶けた頃、春先に目を出す山菜です。時期はフキノトウと同じ頃と覚えておくと良いでしょう。
山間地の道端や田んぼの畦道など、様々なところで目にする植物です。やや水気のある場所に生息しています。


ワスレナグサ属で、ヤブカンゾウやノカンゾウ、ハマカンゾウなどが含まれます。
見た目はユリに似ています。黄色やオレンジのユリによく似た花を咲かせます。
3月から5月の間、若芽を採って食べることが出来ます。

採る時は根をとらず、根元から折るようにして収穫して下さい。
他の山菜とは違ってアクが無いため、そのままでも食べられます。
サッと湯がくと少しぬめりが出て、より一層美味しいそうです。サラダやお浸し、天ぷらなど様々に利用できます。

弊社を略して「カンゾウ」と呼ばれることが多いので、ちょっと親近感が湧く植物です(笑)。