ハロウィン

そろそろハロウィンですね。街のあちこちでジャック・オ・ランタンを見ます。
ハロウィンはご存知の通り、古代ケルト人の祭りが起源だとされています。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教行事でした。その後、特にアメリカで民間行事として定着しましたが、現在では宗教的な意味合いはほとんど無くなっています。特にかぼちゃをくり抜くジャック・オ・ランタンを飾り付けたり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪ねてお菓子をもらう習慣があります。

実はこのジャック・オ・ランタンの灯具、もともとはカボチャではありませんでした。
古代ケルト人が利用したのはカブです。今でもスコットランドではカブが使われています。
アメリカに移住したアイルランド人がこの灯具を伝えたのですが、アメリカでよく栽培されていたカボチャで代用しました。
外側が緑色のカボチャは美味しかったため、外側がオレンジ色の食用ではないカボチャで作ったのが起源ではないかと言われています。

神戸では東京や大阪ほどではありませんが、ハロウィンである10月31日には仮装をした人々が街に繰り出してきます。いつもとはちょっと違う雰囲気を楽しめますし、お店も様々な工夫や飾り付け、サービスを行っています。
また花壇でもハロウィンの飾り付けをしていますので、良かったら見て下さいね。

でも、ゴミなどは捨てないようにお願いします!!!(毎年の悩み)