· 

カシューナッツとは?

カシューナッツをご存知でしょうか?あの勾玉のような形の美味しいナッツですね。

日本ではよく食べられているのにも関わらず、栽培できないため、どういう木に成って、どういう実なのか知らないことに気付き、調べてみました。

 

カシューナッツは中南米原産のウルシ科のカシューの木の種子のことを言います。カシューはりんごのようなぷりっとした実をつけるのですが(カシューアップルといいます)、その実の真下に種子をつけます。種子の殻を割ると、お馴染みのカシューナッツが出てきます。

カシューアップルと呼ばれる実の部分は生でも食べることが出来て、渋みのある桃のような味わいだそう。絞ってジュースにしたり、発酵させてお酒にすることもあるのだとか。

また、殻の部分からはカシューオイルという油が採れます。塗料に使われたり、バイオプラスチックとして容器として使用されています。

また木の幹も建材などに利用されており、植物部位全体が余すこと無く利用できる、素晴らしい植物だそうです。

 

種子であるカシューナッツはご存知の通り、鉄分や亜鉛など様々な栄養があるばかりでなく、糖質が多いことからエネルギー補給として優れた食品として有名です。

しかし生ではアナカルディウム酸やカルドールなどの刺激成分、また青酸配糖体であるアミグダリンなどの毒物を含んでおり、高温加熱による除去処理を行われていないと食べられません。

もちろん、市場で並んでいるカシューナッツは加熱処理されていて無害なので、美味しく食べることが出来ます。

 

カシューナッツを食べることを思いついたかつての人々に感謝しつつ…ぽりぽりぽりぽり…

関西造園土木株式会社

〒652-0047

神戸市兵庫区下沢通2丁目2番21号

TEL:078-575-0451

FAX:078-575-0455

MAIL:office@kanzo.com

 

078-575-0451