· 

グライダーのような種をもつ植物

Alsomitra macrocarpa seed (syn. Zanonia macrocarpa)
Alsomitra macrocarpa seed (syn. Zanonia macrocarpa)

アルソミトラ・マクロカルパという植物をご存知でしょうか。
別名、ハネフクベともいいます。
ウリ科のつる植物で、東南アジアに自生していますが、種には非常に特徴的な羽を持ちます。

アルソミトラ・マクロカルパの実は、だいたい人の頭の大きさくらい。
その中に約400個の種が入っているそう。
東南アジアでは熱帯雨林であまり風が吹かないため、実をただ落としても距離を稼げません。
アルソミトラ・マクロカルパは自身が絡みついた高い木の上からグラインダーのように種を飛ばします。熱帯特有の上昇気流を利用しているのでは、という説もあります。

ではどのくらい遠くへ飛ぶのでしょうか。
様々な実験がされており、中には50メートルの高さから落下させたら1キロも飛んだという結果もあるとか。
滑空比を調査すると4:1であることが分かったため、1メートル落下するごとに4メートル滑空することが計算上出来るようです。

こうした研究結果の論文をもとに、近代のグライダー型飛行機が作られました。ハングライダーもそうです。
また、アルソミトラ・マクロカルパの長時間滑空できる性能を元にした、空気抵抗の少ないステルス機も作られたそうです。

グラインダーのような実と聞くと日本人なら紅葉の実を思い出すのではないでしょうか。
しかし桁が違う植物が海外にはありますね!

関西造園土木株式会社

〒652-0047

神戸市兵庫区下沢通2丁目2番21号

TEL:078-575-0451

FAX:078-575-0455

MAIL:office@kanzo.com

 

078-575-0451