· 

八つ手(ヤツデ)の八とは

ヤツデという植物をご存知でしょうか。ウコギ科の常緑低木(時として大きくなりますが)です。
別名、天狗のうちわと言われています。

ヤツデは関東以西の海岸近くにある森林に自生しています。
山を歩いていると良く見つけます。
最近では品種改良が進み、斑入りの華やかな園芸品種もあります。

花は11月から12月にかけて、毬のように丸く白いを咲かせます。
花の少ないこの時期、貴重な晩秋の花なので目をひきます。是非見つけて下さいね。

ヤツデは「八つ手」と書きます。しかしほとんどの葉が5~7の切れ込みが入っています。
ではなぜ八の字を使ったのか。
それは八には末広がりで縁起がいいとされていて、ヤツデ自体が魔除けになったり、金運を家にもたらすなど縁起が良いと昔から言われていました。
しかも毒性があるため、虫よけにもなるようです。
そのため、昔から玄関の横に植えられることが多かったそう。
玄関の横ってたいていの場合、庇の影になったりして日陰になりますよね。
そういう場所をヤツデは好むため、植えるのにちょうど良い植物でもあったようです。

なかなか無い8に切れ込みが入ったヤツデの葉。
クローバー感覚で探してみてはいかがでしょうか。
幸運が舞い込むかもしれませんよ!?

関西造園土木株式会社

〒652-0047

神戸市兵庫区下沢通2丁目2番21号

TEL:078-575-0451

FAX:078-575-0455

MAIL:office@kanzo.com

 

078-575-0451