· 

アマチャって知ってる?

アジサイと聞くと葉や枝に毒があることをご存知な方も多いのではないでしょうか。
誤って誤飲すると、食中毒のような症状が出ることが知られています。
しかしアジサイの中でも、食用や薬用、甘味料として使われている品種が古くからあります。
それがアマチャ(甘茶)です。

アマチャはヤマアジサイの変種であろうと言われており、花はアマチャの中にも品種が様々あり一概には言えませんが、ガクアジサイのような咲き方をします。
テマリ咲きや八重のものなどもあるそうです。
アジサイと違うところは、葉に光沢が無く、やや葉が細長いところでしょうか。
これはヤマアジサイに良く似ています。
山に自生しているアマチャの葉を摘もううとして、ヤマアジサイと間違えるということがあるため、容易に摘んだりされませんように!
素人は判別が大変難しいので、気をつけて下さい。

アマチャは、ヤマアジサイと同じで半日陰を好み、土を乾燥させないように注意することで育てることが出来ます。
背丈は70センチ~1mくらいで、枝などの線が細く、圧迫感はなく美しいです。
一般的なアジサイと同じく、土の酸度によって色が変わります。
土の酸性を強くすればブルーに、アルカリ性を強くすれば赤紫に変化します。

アマチャの利用方法ですが、葉を乾燥させ、煮出してお茶にします。
そうすると不思議なくらい強い甘みがでます。
アマチャから煮出したお茶は抗アレルギー成分や歯周病を予防する成分が含まれていて、健康茶として人気があります。
ただし、濃度を高くしたお茶を飲むとまれに中毒症状がでることもあるそうなので濃くしないようにして下さいね。