· 

アジサイの雄しべって?

森林植物園のあじさい園を広げるということで、工事に行ってきました。
アジサイを植栽する場所の整備が主ですので、アジサイ自体は植栽しませんでしたが、改めてアジサイって不思議だな…と思ったことを豆知識として。

アジサイは私達が花だと思っている部分は装飾花と言われ、いわゆるガクが変化したものだと知っていますでしょうか。
ガクアジサイだと中央に小さな小さな蕾みたいなのが集まっているのが分かると思います。これが真花と呼ばれる、アジサイの花です。
まあるいアジサイの場合は、花をかき分けると下に真花を見つけることが出来ます。
目立たない、この真花がアジサイの花というのは驚きです。
開花予報などで使われるアジサイの開花というのは、この真花が2~3輪咲いた時を開花日とします。

ちなみにこの真花をよく見ると、雌しべが退化していることが多いのです。
ですのでアジサイは種をつけることはまれ、とされています。
もちろん、中には結実するものもありますが、結実する殆どがガクアジサイやヤマアジサイのようです。
アジサイの繁殖は殆どが挿し木で行われます。
交配種(品種改良)を作る場合は両性花を探して人工的受粉する場合もあるとか。
それ以外は株分けや取り木などでも増やすことが出来ます。

来年、作ったあじさい園がどうなるのか、とても楽しみです!