· 

ソテツの実は食べられるのか

ソテツっていう植物をご存知でしょうか。西日本から中国・四国・九州などの海岸部で見かけたり、庭園で植えられているのを見たことが有る方もおられるでしょうか。
一度みたら忘れない、そんな印象の植物です。
南国をイメージした日本庭園などで見かけることが多いですね。
淡路島では街路樹に植えられているものもあります。

ソテツがあるお庭の管理をしていると、たま~に聞かれる「実は食べられるの?」という質問。
分かります、実をみたらそう思うの。
鮮やかなオレンジ色、しかも何となく美味しそうに見えますよね。

実はソテツの実には毒があります。
そのまま食べると死に至る場合もあります。
なので美味しそうと思っても、生で食べることは絶対に止めて下さい。

しかしこの毒性、水溶性のため十分に水にさらして、発酵させたり、乾燥するなどの工程を経ると、サイカシンという毒性を取り除けばデンプンとして食用にできるそうです。
食糧難では手間暇をかけて食用に用いられてきた歴史があります。
しかし毒抜きには本当に時間と手間がかかるので、食べないほうが良いです。

なお、中国では漢方薬として葉や種子、茎、花、根などが使われるそうです。
奄美大島では実の殻を燃やした煙で蚊よけにしたり、葉を緑肥にしたりもされるそう。
調べてみるとソテツの新たな一面を知ったのでご紹介しました。