· 

炭のちから

カーボンニュートラルはご存知ですか?
温室効果ガスの排出量と吸収量を均衡させるというものです。
2020年10月に日本政府は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、つまりカーボンニュートラルを目指すことを宣言しました。
世界的にも、120以上の国と地域が「2050年カーボンニュートラル」という目標を掲げているそうです。

また、カーボンニュートラルを目指して、各企業ではカーボン・オフセットの活動が盛んになってきています。
カーボン・オフセットとは、排出される二酸化炭素全量につき、打ち消しの活動をすることです。
例えば工場などで排出したCO2を打ち消すために、砂漠に木を植える、などです。

造園業はそもそも木を植えるから関係ないのでは?と思いがちです。
確かに木を植えることは非常に良いことだと思います。
しかし、植えた木は、例えば公園の樹木や、庭木、街路樹として育ちますが、健全な生育のため、また障害枝や景観を考えて剪定されます。
剪定した枝や葉は廃棄され、燃やされることになると、折角固定されていた二酸化炭素が排出されてしまいます。
そうなると100%がカーボン・オフセットの活動とは言えません。

そこで現在注目されているのが、剪定枝などを炭に変えること。
炭は多孔質で多くのCO2を固定できることがわかっています。
しかも炭で土壌改良を行うと保水性や透水性、吸着性(養分など)が向上することがわかっており、地球にも樹木にも良い効果があります。

これからもっと盛んになっていくカーボン・オフセット。

葉の炭化は未だ難しく、今後の動向を見守っております。葉の利用も出来たら良いですよね!
造園技術、この他にもどんどん進んでいくと思われるので、時代の流れに乗り遅れないようにしたいものです。