コミュニティガーデン

集合住宅の園芸クラブの活動や、市民花壇の整備等を指導や支援しています。

特に近年は集合住宅(マンション等)での余暇として、そして何より住民同士のコミュニケーションの為に園芸クラブの創設を望む声が高まっています。しかしクラブの運営や活動の場となる花壇の整備など、どうして良いか分からないことも多いと聞きます。

弊社で管理している集合住宅で、創設の際の規約作りや、活動内容の相談、管理や植え替えの指導講師の派遣、花や資材の納品など、様々な角度から協力をしております。

以下は、とあるコミュニティガーデンのお手伝いをさせて頂いた記録です。

 

①花壇の整備

 

低木類や芝生が植わっていましたが、エントランスに近いこともあり、もう少し綺麗にできないだろうか?と僭越ながら思っている場所でした。

住んでいる方からも、何となく勿体無い場所だね、という声が上がっていました。

しかし住民の方々には芝生を剥がしたり、低木を移植するのは重労働となります・・・

そこでここの植栽は別の適したところへ移植し、花壇にしてはどうかとご提案しました。

移植先もよく検討し、より良いところが見付かりました。

②移植、芝生の撤去

 

芝生を撤去します。根から取り除くのはかなり重労働ですが、少しでも残すとまた生えてくるので丁寧に行います。

低木を一株ずつ大切に掘り起こし、移植先へ運搬、植え付けました。

土は土壌改良材を入れて耕耘し、フカフカな花壇にします。

③花壇準備完了

 

綺麗な状態になりました。植栽が無いと意外と広いのが分かります。

一度、足元を掃除して、植え付ける苗の準備をします。

住民の方と植栽するのが楽しみな瞬間です。

④花と植栽、管理の指導

 

植え付ける花を前にして、それぞれの花の特性や植え付ける際の注意点、管理の方法など、丁寧に説明・指導を行いました。

講師となるのはベテランの弊社の社員。

アシスタントで他に数名の社員がサポートしました。

住民の方々が真剣に話を聞いています。

沢山の質問も出ました。

⑤植栽

 

花苗をバランスをみながら配置し、植え付ける場所を決めたら、みんなで植え付けていきます。

植え付ける時は、手が届きにくい後ろから。花の向きや植える深さなど注意しながら、手分けして植栽しました。

今回は女性が多かったのですが、集合住宅によっては子供達の参加が多かったり、男性が熱心だったりと、それぞれ雰囲気が違います。しかし植物を通じて会話が弾むのは同じです。

⑥水やり、完了

 

植栽が終わりました。今は花が少なく感じますが、気温が高いので直ぐに沢山の花が上がってきます。

タップリと水をやって植栽が完了。育っていくのが楽しみです。

園芸クラブとしての活動はここからが本番。

日々の水やり、除草、追肥、花がら摘み等の日常管理を交代で行っていきます。

大変ですが、自分で植えた植物には愛があるもの。

何より育てることに楽しみが芽生えてきます。

活動が盛んな園芸クラブの花壇は、手入れが行き届き非常に美しいです。
園芸クラブが活動している花壇

関西造園土木株式会社

〒652-0047

神戸市兵庫区下沢通2丁目2番21号

TEL:078-575-0451

FAX:078-575-0455

MAIL:office@kanzo.com

 

078-575-0451