連載中!造園の豆知識

連載中!造園の豆知識 · 17日 6月 2024
初夏にどこからともなく良い香りがすることがあります。よく見ると足元に純白の花弁が可憐な、クチナシの花が。クチナシはジンチョウゲやキンモクセイなどと共に三大香木と呼ばれます。 名前の由来は秋にオレンジっぽい赤色の果実をつけますが、熟しても実が開かないところから、口が開かない=クチナシと名付けられたと言われています。...

連載中!造園の豆知識 · 10日 6月 2024
一般的なアジサイの花色は土壌が酸性だと青色に、アルカリ性だとピンク色に変わると知っている方は多いのではないでしょうか。しかしどうしてpHで花色が変わるのか、説明するのは難しいかもしれません。 花色が変わるのは、土壌のアルミニウムと花に含まれる天然色素アントシアニンの化学反応によるものです。いくつかの条件が異なり、花色は変わってきます。...

連載中!造園の豆知識 · 03日 6月 2024
先日、社員で訪れた浜名湖花博2024で面白い花を見つけたのでご紹介。その名もアリウム・クリストフィーといいます。 一見するとアリウムの花後かな?と思うのですが、この状態で咲いているとのこと!黄緑色の雄しべに6本の雌しべがあり、この星型の花が球状に広がって100個ほど咲いています。球状の大きさは15~20cmくらいで意外と大きめ。...

連載中!造園の豆知識 · 27日 5月 2024
サボテンは育てるのが簡単だから…と買って育ててみたら、枯れてしまったという話をよく聞きます。また育てているけど全然花が咲かないということもあったりします。 弊社で30年くらい育てている方からコツを聞いたので、今回の豆知識はサボテンの置き場所です。...

連載中!造園の豆知識 · 20日 5月 2024
初夏になるとスイレンやハスの花が見頃という報道を見かけるようになります。暑い夏の水辺に咲く様が涼しげで見に行かれる方も多いと思います。またモネが描く睡蓮が大好き、という方も多いようですね。...

連載中!造園の豆知識 · 13日 5月 2024
これから暑くなる時期、虫が増えてきて外の作業にしばしば支障が出ます。様々なものに遭遇しますが、最近ちょっと怖いなという時が増えてきているので、今回はマダニの話をします。...
連載中!造園の豆知識 · 30日 4月 2024
5月の和菓子といえば柏餅を思い浮かべる方も多いかと思います。 特に端午の節句の時に食べられるのですが、柏の木の葉っぱは新芽が出るまで古い葉が落ちないという特性があり、子孫繁栄とか家系が絶えないなど縁起が良いと言われ、その柏の葉で巻いた柏餅は縁起が良い食べ物として江戸時代に定着したと言われています。...

連載中!造園の豆知識 · 15日 4月 2024
特定外来生物という言葉を聞かれたことはありますか?...

連載中!造園の豆知識 · 04日 3月 2024
ツバキやサザンカなど、常緑の樹木につくヤドリギで、葉がヒノキの葉のような形になるためこうした名前が付けられているようです。 ヤドリギとは漢字では宿り木と書き、桜などの樹木の先端で丸くこんもりと茂っている姿を見かけることが多いと思います。特に冬、落葉樹が葉を落とした時に目立ちます。...

連載中!造園の豆知識 · 26日 2月 2024
暖かくなってくると、そろそろ覚悟しておかなくては…と考え始めるのが毛虫です。中には毒針毛(どくしんもう)を持っていて、それによってアレルギーを引き起こすものもあり、やっかいです。 その中でも特にイラガは強烈な痛みが特徴です。しかも毛のような棘は肉眼では見つけることが出来ません(皮膚が赤くなるので刺されたことはわかります)。...

さらに表示する

関西造園土木株式会社

〒652-0047

神戸市兵庫区下沢通2丁目2番21号

TEL:078-575-0451

FAX:078-575-0455

MAIL:office@kanzo.com

 078-575-0451